脱ニートの徒然ならない日記

このブログは、脱ニートした僕のくだらない日記ですw  最近はポケモンに嵌ってます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仕事の話…

時刻は朝の5時。上司の電話に叩き起こされると、入居者に異変があるとのことで猛ダッシュで職場に駆けつけました。

2Fに入居しているOさん(仮)が、起床時の歯磨きをしている最中急に意識を失い倒れた模様です。
すぐに救急車を呼んで現状を説明し、後は救急隊員のそばで事の成り行きを見ていました。
Oさんはそのまま救急車に担ぎこまれ、提携の病院に緊急搬送……
される予定でしたが、搬送中にお亡くなりになられたそうです。

原因は洞房結節不全による心機能停止。
Oさんは認知症(いわゆるボケ)が原因で入居されてはおらず、Oさんの息子の嫁との関係が悪いため仕方なく当施設に入所という形になっている。
ボケもなく、いつも笑顔が絶えないOさんは、僕たち職員にとって逆に癒されている存在でした。
Oさんの心臓にはペースメーカーという医療機械が埋め込まれています。
心臓は自らの意思で動いているのではなく、自律的に動いています。
自律的に機能させている細胞が洞房結節。
Oさんはこの洞房結節が機能を果たさないために、ペースメーカーという機械で心臓を自律的に活動させています。
死因は今の時点ではこのペースメーカーが何らかの理由で機能しなくなって、心停止になってしまったのではないかと考えられています。

続きもダークな話になっています。コメント返信は後日です


人間は年齢を重ねるごとに身体機能は低下していきます。そしていずれは死に至ります。
これは避けられません。
僕の勤めている施設は全員75歳以上の後期高齢者です。
高齢者である以上いつ死んでもおかしくありません。
これは同じ業界の人にとってはホントに良くあることです。
ではなぜ今回に限って記事に書いたのかというと、非常に考えさせられたケースであったからです。

Oさんはペースメーカーを埋め込んでいるだけで、他は高血圧以外現病歴はなかったのですが、毎日寝る前に必ず睡眠薬を飲んでいました。
睡眠薬の依存症です。
ただの睡眠薬と思うかもしれませんが、高齢者が睡眠薬を服用するということはかなりのリスクを伴います。
簡単なパターンを言うと
眠剤を飲み頭がぼーっとする→身体にうまく力が入らなくなりフラフラするようになる→転び骨折etc

ただの骨折かと思うかもしれませんが、高齢者が転倒して骨折と言った場合ほとんど大腿骨を骨折をし、完治するころにはもう寝たきり老人になっていましたというケースはたくさんあります。
完全に回復する確立はほぼ0%と言っていいでしょう。
高齢者にとってこの大腿骨骨折は、もう死んだも同然を意味しています。

死因とはまったく関係ないのですが、いずれは転倒して寝たきり老人になるんだろうと職員はもう予想していました。
なぜこの眠剤を辞めさせることができなかったのか…
Oさんの息子には何度も医者に眠剤を処方しないよう訴えかけていました。
それでも医者の処方箋は変わりませんでした。
なぜ変わらなかったか?
考えられるのは、
1)Oさんの意見を尊重し、いずれは寝たきりになるとわかっていながらも眠剤を希望し息子も納得した。

2)息子の嫁と非常に関係が悪かったので、息子が眠剤の処方をあえて辞めさせなかった。

3)眠剤程度でそんなおおげさな……と無関心だった。

息子の嫁との関係は悪かったが、Oさんと息子の関係は非常に良好であったため2)と3)はおそらくないと思われる。
家族関係が良い悪いは勤めていれば大体把握できるものです。
だとすると原因は1)。
いずれは寝たきりで、最悪な生活を送ることがほぼ確定するとわかっているものにもかかわらず、眠剤を希望したということになる。
眠剤がなくて、不安で眠れない毎日を送るか…
寝たきり老人になるが、ぐっすり気持ちよく眠れるようになるか…
OさんとOさんの息子はおそらく後者を選択したのでしょう。

自分がOさんの息子の立場だった場合、僕も後者を選択すると思います。
Oさんの立場でも後者を選択すると思います。

現在は生活の量より質を問われる時代。
つまり、長く生きるより、人生を充実して満足しているかを問われる時代です。
前者を選択した場合、著しく生活の質は低下するでしょう。

ここまで読んでくださった方々はどちらを選択するでしょうか?

  1. 2009/05/15(金) 21:44:43|
  2. 仕事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<久々のうpな気がします>< | ホーム | うふふ(´∀`)>>

コメント

No title

自分は後者ですね
前者だと今の自分の姿そのものですから
生きているけど死んでいるような生活、それが今の自分です
眠れない恐怖というのもあり、それが不安に繋がって吐き気をもよおしてしまうというのもよくありますしね

自分の祖父は自分が生まれたときから喋れず、小学生になるころには寝たきりになってしまいました
高校2年になると同時に他界してしまいましたが、家族の中で唯一自分の味方をしてくれた方です

それを考えるとなおさら後者を選択したくなります
今の自分のためにもですがね
  1. 2009/05/16(土) 00:40:26 |
  2. URL |
  3. アテム #-
  4. [ 編集 ]

No title

「今」を生きる

というような言葉を思い出しました。
一度きりの人生ですからね。
自分も学生として「今」を大事にし、後悔をしないような、無駄な時間を過ごさないような、生活をしていこうと思いました。

まるで死んだような生活、というのも嫌ですが、ただ生きていて欲しい、という人もいるかもしれません。
難しいですね・・・。
  1. 2009/05/16(土) 14:59:53 |
  2. URL |
  3. 花粉症 #.PocF4XA
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://datunito.blog38.fc2.com/tb.php/35-cd7eaa36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。